自社サイトで買った方が得です。それでも・・・

楽天市場やヤフーショッピングなど、世の中にはいろいろなECサイトがあるんですが、

出店する側としては手数料はまちまちです。

5%くらいのものもあれば、中には45%のものまで・・・

手数料ではなくても、毎月の月額で支払いが必要なものもあります。

特に楽天市場は家賃に加え、
その他いくつかの毎月の固定費用、
その他いくつかの手数料・・・

結局どれだけ取られてるねん!
っていういわゆる「楽天税」がよく分からなくて、書き下ろし館は退きました。

大きな会社ならいいんでしょうが、私たちの小規模事業にとっては「毎月◯◯!」または「毎月◯◯%!」と決めてくださる方が楽です(会計上)。




で、それと異なるのが自社サイト

自分の商品を自分の販売サイトを作って売っていこー
というやつです。

これだと年間1〜2万円の費用でできるのです。



え、なにそれ?
絶対自社サイトでやった方が得やん!

って思うのですが、

ECサイトさんの強みといえば「集客」「広告」なのです!

放っておいても売れ出すのです

素晴らしすぎる!





自社サイトだと、自力でコツコツ集客しないといけないといけないのが大変
(すいません、集客のコツはブログでは話せませんm(_ _)m)

なので、ECサイトと自社サイトは表裏一体と考えて良いです。





気になるのが、お客さんにとって良い買い物がちゃんとできているか、出店者にとって良い商売ができているか、なのですが具体的に仮の値段で数字にしてみます

お客さんが支払う金額が

自社サイト(手数料なし) 19,000円
ECサイトA(手数料10%) 21,000円
ECサイトB(手数料45%) 28,000円

だとします。
すると、

出店者がもらえる金額(粗利)は

自社サイト(手数料なし) 19,000円
ECサイトA(手数料10%) 18,900円
ECサイトB(手数料45%) 15,400円

となります。




手数料分として、かなり商品代金を上乗せしてるのですがなかなかほしい金額にまでなりません(;´д`)

なので、リピーターのお客さまには自社サイトをおすすめしています。



しているのですが、

しているのですが、、





半分くらいの人がECサイトで再度購入されます。。





ECサイトの良いところは「集客」「広告」に加え、ブランドという「安心感」もあるのです。

そこにはおそらく、僕のサイトにはない何千円という価値の差があるのは事実なのかもしれません・・・

実際に売れると上位に表示されるからっていうのもあります。





とは言え、どこの事業者さんでも自社サイトで買ってくれることが嬉しいはずです!

店舗に来てもらって直接購入も同じです。




以前に「安売りは悪」というメルマガを書いたのですが、数%狂うだけで、事業者は大変になります。

ECサイトに負けないブランディング、集客を目指していかなければなりません





これを読んでくださった皆様、
これを機に、書いたい商品を直接買うということを選択肢に入れていただけたらと思います

 






 

ちゃんと挨拶できない男です

関連記事

  1. ちゃんと挨拶できない男です

    「おはようございます」と言えば、朝の挨拶。なのですが、僕は…

  2. 変化は本人に気付かず起こる

    A子「B男くんって、前と比べたらだいぶ変わったね」B男「えっ?そう…

  3. 情報の鮮度

    先日ブログを書いて反響があったので、こちらにも書こうと思いました(^O^)…

  4. パレートの法則に逆らうの巻

    安い商品追加しました(^O^)/先日、近所のお客さんから要望があっ…

  5. 高校野球とか全国大会とか

    昨日、高校野球の交流試合が終わりましたね全国大会のトーナメント形式…

  6. コロナで分かったこと

    コロナって言いだして、もう半年が経ちますねもううんざりです(笑)…

PAGE TOP